FXで稼ぐ

FX注文の種類

FXの注文の種類としては大きく分けて2種類あります。一つはごく普通の方法で、日本円を売って外国通貨を買うものです。日本円は今のところ金利が低く、外国通貨の多くは日本円よりは金利が高いですから、金利差によるスワップポイントを狙えますし、もちろん基本的には今よりも円安になることを狙って注文する方法ということになります。
ところが注文の方法はこれだけではありません。FXでは買いだけではなく売りから始めることも可能なのです。実際にはまだ持っていない外国通貨を売って日本円を買うような注文をすることも可能です。これは何を意図しているかというと、今後は円安ではなく円高になると思えばこのような方法も可能であるということです。
外貨預金は外貨で資産を運用する方法の一つですが、今後円安が進行すればともかく、円高が進行してしまっては外貨預金の魅力は半減してしまいます。ですから、今後もし円高になると思うのであれば、外貨預金を今から始める理由はさほどありません。日本円のままで持っていたほうがよいわけです。ところがFXでは今後円安になると思う場合だけでなく、円高になると思う場合であっても始めることができ、それにより利益を得ることができるのです。
ただし、現状では日本円の金利のほうが低いことが多いでしょうから、外貨を売って日本円を買った場合にはスワップポイントを逆に払わなければならなくなります。為替相場の変動から考えるとさほど大きな金額にはならないでしょうが、考えには入れておいたほうがよいでしょう。
ちなみにスワップポイントというのは金利に応じて決まってくるのですが、金利そのものではありません。また、FX会社によって同じというわけでもありません。FX会社が独自の判断により設定することができるようになっているためです。ですから、FX会社を選ぶ上での一つの要素にはなってくるでしょう。とは言っても、常に一定しているわけでもありません。