FXで稼ぐ

FX口座開設ができない場合

FX口座開設を申し込み審査落ちをしてしまった場合、他のFX業者に申し込むことで問題なく開設ができる場合があります。業者により審査基準が異なるために一つが不可だった場合でも諦める必要はないのです。しかしながら各業者によって一定の審査基準をもっており、そこをクリアすることができない場合ですとどのみち開設ができないこともあります。
審査に落ちてしまう人の特徴がありますが、まず申し込み内容に整合性がない場合です。例えば職業を無職や主婦と選択しているにも関わらず、収入欄で高い年収を指定していたり、あるいは投資可能資金が高額過ぎると虚偽を疑われてしまうリスクが出てきます。審査の際に怪しいと感じられてしまうと開設を拒否されてしまう可能性もあるのです。
電話番号に虚偽の記載をした場合も審査落ちのリスクが高まります。基本的に口座開設にあたって業者の方から連絡が入ってくることはありません。しかしながら中にはリスク確認のために電話連絡をしなければいけないところもあり、その場合に伝えられている電話番号が違ったりするのも怪しまれる原因です。基本的に虚偽の情報で申し込むと不利になってしまうことはもちろんのこと、住所で嘘をついたりすると審査に通ってもログインパスワードなどの資料が届かないなどのリスクもありますので、必ず正しい情報で申し込みをしなければいけません。
投資経験が全くない場合も審査落ちをする可能性があります。顧客獲得のために初心者でも受け入れているところも沢山ありますが、しかしながら厳格なところですと投資経験がない場合は審査が厳しくなる可能性も否めません。全く経験がない場合は初心者への窓口を広げているところを選択して申し込みをすると良いでしょう。
このように審査落ちする理由はいくつかありますが、だからといって口座開設ができないところばかりではありません。仮に審査にあたって不利な状況だろうと開設は問題なくできるところもあるため、もし落ちてしまった時には他の業者にも目を向けてみるのが良いと言えます。